オススメ

[弁当名] 「港あじ鮨」
[会社名] 桃中軒
https://www.tochuken.co.jp
[電話]055-963-0154
[販売日] 年中無休
[販売時間] AM10:00~(沼津駅)、AM11:00~(三島駅)
[予約] 2日前までに電話かFAXで受付。お届け地域、合計金額、お届け時間が異なっているので詳しくは電話で確認を。  
[駅名] 三島駅、沼津駅、御殿場駅
[線名] 東海道新幹線・伊豆箱根鉄道(JR東海)

「港あじ鮨」は、1891年に沼津駅構内で弁当の販売権を得て操業を開始した桃中軒が、栄養豊かな駿河湾の海に育まれた沼津の特産であるあじの駅弁がなかったため、半年以上かけて開発し完成させ、平成15(2003)年4月に発売した全国的にも注目される個性的な駅弁です。駅弁というと単一なものを食べるパターンが多い中、こちらは3種類のにぎり鮨のようなあじ鮨を楽しめ、飽きることがないのです。ひとつ目は、「にぎわい鯵鮨」。これは清らかな伊豆天城山の伏流水で育ったわさびの茎を塩漬けしたものをすし飯に混ぜ、鮮やかな緑色のわさびの葉で包み込んだという大変珍しい鮨です。ふたつ目は、「ぬまづ鯵鮨」。秘伝の酢でしめた後に、じっくりと昆布の旨味を染み込ませ、仕上げにしその葉を帯状に巻いた本格江戸前のあじ鮨です。三つ目は「鯵わい太巻き」。酢でしめたあじの切り身をしその葉と白ごまを効かせて太巻きにした、海苔の香りと相まって、海の幸を堪能できるあじ鮨です。この駅弁の驚きの最大のポイントとして、わさびの存在は外せません。なんとあじ鮨の横に贅沢にも伊豆天城山の生わさびとおろし金が入っていて、自分でわさびをすりおろして食することができるのです。そのまま食べても美味しいが、すりおろしたわさびで、絶品のあじ鮨を十分に味わいましょう。

おすすめの記事